トップ / 改善のためにセカンドミール効果

食後高血糖を改善する

改善のためにセカンドミール効果

血糖値を抑えるセカンドミール効果

健康的にダイエットをしようとするなら、食事の内容に気をつけるのはもちろんですが、最近はそれだけでなく、食べる順番を工夫することによってダイエット効果をあげようという考え方が広まっています。
「食事はまず、野菜から食べると良い」という話を聞いたり、すでに実践している方もいらっしゃると思います。

実は血糖値コントロールでも同じように、最初に何を食べ、次に何を食べるかという、順番を工夫する食べ方が効果的です。
朝食に食物繊維が多いものや低GI食品を食べると、昼食後の血糖値の上昇も抑えることができるということがわかったのです。
これを、「セカンドミール効果」といいます。

「セカンドミール効果」は、トロント大学のジェンキンス博士によって、1982年に発表されました。
最初の食事、つまりファーストミールが、次の食事であるセカンドミールの後の血糖値に影響するという考え方です。

ファーストミールで摂った食物繊維が、まず、小腸に到達します。
その後で糖分が小腸に入ってくると、食物繊維に絡まるので吸収されにくくなります。
ですから、ファーストミールで摂った糖分の吸収も緩やかになります。

さらに、セカンドミールを摂る時間になっても、食物繊維はまだ、腸内にとどまっています。ですから、セカンドミールで摂る糖分も、吸収が緩やかになり、血糖値の上昇を抑えることができるのです。

最初に食べるものが大豆を使った焼き菓子であっても、同じ効果が得られます。
実験では、何も食べなかった場合よりも、大豆の焼き菓子を食べたグループのほうが、食後の血糖値上昇は緩やかであり、回復のスピードも早いという結果が得られました。
つまり、朝食を食べないよりも、焼き菓子でも良いから豆などの食物繊維の多い食品や、低GI食品を摂ったほうが、血糖値コントロールもしやすく、ダイエット効果も得られるということを意味します。
血糖値が気になる方は、一度試してみてはいかがでしょうか。